今日は卒業生の方のお宅にあるレンゲ畑に遊びに行かせていただきました。
 今年は雨天で何日か延期になっていたので、念願の「野遊び」に朝から子どもたちは大喜び!

たんぽぽ組さんとさくら組さんと手をつないで30分くらい歩いて行きました。
到着すると、子どもたちの腰ぐらいの高さまである一面のレンゲ畑にまたまた大興奮!!

走り回ったり少し高い崖からジャンプをしたり、お花を摘んだり、ピーピー豆を吹いたり、ダンゴムシやアカハライモリを捕まえたり…
それぞれが思う存分、思い切り体を動かして遊びました。

なかなかこのような緑いっぱい、自然いっぱいの中でのびのびと遊ぶ機会が減っている中
毎年、子どもたちにとってとても貴重な体験をさせていただいています。

野原でおにぎりを食べるのが初めての子どもたちもいて、シートの上に虫が来ると「キャー」と大騒ぎ。
そんな子どもたちとはまた反対に、転がったり走ったりして泥んこになっている子どもたちもいました。

帰りの合図をすると、とても楽しかったみたいで、「え~まだ遊びたい!!!」と言う子どもたちも多かったです。
顔や服や靴が泥んこになり、少したくましくなった様子の子どもたちでした。

今日は、本当に子ども達にとってとても貴重な体験ができた一日となりました。