夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光て行くもをかし。雨など降るもをかし。」と『枕草子』にもあるように、ほたるは夏の夜を美しく彩ります。その、小さな光を放つほたるの本の特集を学校図書館前に展示しています。ほたるのおしりもよく見ると光っているので、ご来校の際にはご覧下さい。
 また、雨の日にも楽しくなるようにと図書委員会も「速読み、クイズ大会」を企画しました。図書委員会の用意した文章をできるだけ速く読んだ上で、クイズに挑戦するという初めての企画でしたが、たくさんの甲南生が参加し、大好評でした。
 
  • 身近にある光る生き物のなぞについてさぐりながら、
    科学者にとって必要なことを伝えてくれる本です。

  • 蛍の光を研究して出来た物が、エコライトです。
    自然を研究して作られた便利な物が紹介されています。