12月とは思えないほど暖かい日ざしが差し込む中、生活発表会がありました。

各クラス1ヶ月間お話に親しんで、楽しみながら劇遊びに取り組んできました。
 
それを今回、たくさんのお客さんに見ていただき、大勢のおきゃくさん達に戸惑っている様子やいつも通りのびのびと楽しみながら表現している姿など、いろいろな姿が見られましたが、どの学年も劇遊びを終えて保育室に戻ってくる子どもたちは晴れ晴れとした顔で、安堵の表情が見られました。

友達と一緒に共通の目的を持ち、継続して遊んだり、自分なりに役割を果たそうとしたりする中で、本当に一人一人大きく成長したのではないかと感じました。

 これからも、生き生き・のびのびと遊ぶ子どもたちの成長を見守っていきたいと思います。