「そつえんまであと20にち」からカウントダウンを始め、
あっという間に「そつえんまであと1にち」となりました。

そして、今週月曜日から卒園式の練習が始まりました。
『約40分間じっと前を向いて座る』
ということは簡単そうで、とても難しいこと。
それができるということは、立派な1年生になれるということ。

子どもたちはこの3年間、心も体もずいぶん大きくなりました。
明日、どんな顔で33人の子どもたちが羽ばたいていくか、とても楽しみです!


 この一年間、さくら組の子ども達は「エルマーのぼうけん」のお話でずっと遊んできました。
お話に出てくる動物やリュウを段ボールや紙粘土で作ったり、絵を描いたり、お手紙を書いたり、動物園をして遊んだり・・・とにかくエルマーのお話が大好きで、リュウが大好きな子ども達。

 そしてつい先日、さくら組のある一人の男の子が幼稚園に手紙とリュウのお人形をプレゼントしてくれました。
そのリュウはフェルトで作られていて、色や材料など全て自分で考え、針と糸で縫ったそうです。
たくさんたくさん時間をかけて作ったリュウ。
最初は自分の為に作っていたそうですが、作っているうちにだんだん「幼稚園にプレゼントしよう!」と気持ちが変わっていったようで、幼稚園にプレゼントをしてくれました。

そしてこんなお手紙も書いてきてくれました。
「こうなんようちえん ありがとう
 すみれ、たんぽぽ、さくらのおへや ありがとう
 おゆうぎしつ、ロッカー ありがとう
 ピアノ、レゴ、こま、けんだま、おどうぐばこ ありがとう
 えんてい ありがとう
 ジャングラミング ありがとう
 すべりだい、てつぼう、へいきんだい、うんてい、すなば
 さんりんしゃ、キックボード、サッカーボール、
 サッカーゴール、しばふ ありがとう
 といれ、げたばこ、こうどう ありがとう
 ここあちゃん・りぼんちゃん(ウサギ)、かめさん ありがとう
 せんせい ありがとう」

この手紙と人形を朝の会で発表してくれました。
お遊戯室全体がとっても、とってもあたたかい空気に包まれた瞬間でした。

こんなにも温かく、優しい気持ちにさせてくれて、ありがとう!
ずっとずっと幼稚園で大切に使わせてもらいます!