月曜日、全学年で着衣水泳に取り組みました。

夏が近づくにつれ、水辺での活動も増えてくる時期となってきます。
水辺での事故を防ぐため、本校では毎年着衣水泳に取り組んでいます。

今年は、1,2年生は、着衣状態で水に入る感覚を知り、浮くことを試みてみる。
3,4年生は、着衣状態で浮く練習をし、浮きながらの移動を試みてみる。
5,6年生は、着衣状態で浮きながらの移動を練習し、クロールや平泳ぎも試みてみる。

というような内容で取り組みました。

また、全学年で共通して「水に落ちた場合はいきなり泳ごうとするのでは無く、まずは落ち着いて浮くこと。」「誰か水に落ちた人を見つけた場合、絶対に助けに行かず、近くの大人に助けを求めること。」の二つを学びました。

児童の皆さんには今年の夏も、大きな事故無く、安全に気をつけて楽しい時間を過ごして欲しいと思います。