5月に植えたさつまいも。
毎日水遣りをしたり、草抜きをしたりしながら大切に育ててきました。
そして、先週さくら組の子どもたちみんなでさつまいも堀りをしました。
しばらくは、甘くなるように土がついたままテラスに広げてお日様の光をたくさん吸い込ませました。

いよいよ今日はさつまいもパーティー!

作りかたはとっても簡単!
①さつまいもを薄く切る
②切ったさつまいもを水につけて、キッチンペーパーで水分を取る
③ホットプレートにバターを溶かしてさつまいもを焼く。仕上げに塩を少々

固くて切るのが難しいさつまいもも、誰も怪我することなく上手に切ることができました。
包丁の使い方もさすが、さくら組の子ども達!

バターを溶かすと
「あ~いい匂い!」「お腹空いた~!」
と、それだけで大興奮な様子でした。

さつまいもが焼けて、フタを開けた瞬間には・・・
とっても美味しい匂いが保育室中に広がって、みんなでついついつまみぐいタイム!!
「これが一番おいしいよね~!」
と子どもたちも先生たちも大盛り上がりでした。

出来上がったさつまいもは
「すみれさんとたんぽぽさんにも分けてあげよう!」
と言ってそれぞれのクラスにおすそ分けにも行きました。
それでもまだまだたくさん出来上がったので、校長先生や園長先生、
預かり保育の先生やブルース先生にもおすそ分けができました。

おにぎりを食べたあとのデザートとして、さつまいもをいただきました。
「自分たちで作ったさつまいも」
「自分たちがお料理したさつまいも」
「みんなで食べるさつまいも」
いつも食べてるさつまいもが何倍も美味しく感じたようでした。
そして、たくさんあったおかわりも本当に一瞬のうちに全て売り切れ。

「簡単だからお家でも作ってみてね!」
と言うと、
「絶対作る!家族みんなに作ってあげる!」
「おばあちゃんのお家にも届けに行きたい!」
「母の日に絶対作る!」
と、子どもたちみんな意気込んでいました。

自分たちで作ったさつまいもを収穫した喜びや秋の味覚を十分感じられる1日となりました。