今年も、学校図書館では科学道フェアーを開催し、理化学研究所が選んだ「科学道100冊ジュニア」に掲載されている本を紹介しています。

特に、今回は『サム・ロイドの考えるパズル』を体験できるコーナーが人気です。一人で考える人、友達と頭を寄せ合って考える人、解けるまで何度も挑戦する人。さまざな考える姿を目にすることが出来ました。
「できた!」という時の、輝く笑顔が印象的です。

宝物を見つける感覚で、お気に入りの科学の本を見つけに来て下さい。きっとみんなの「知りたい!」心をくすぐる本に出会えることでしょう。