昨年度から始まったなかよしコンサート1日1学年ずつ、他のクラスのお友達や保護者の方の前で歌を歌ったり、楽器を使って合奏をしたりします。

 トップバッターは年少すみれ組でした。
 練習の時から「今、ママが穴から覗いて見ているんじゃない?」「たんぽぽさん、さくらさんに早く見てもらいたい!」とお客さんに見てもらうことをずっと楽しみにしていました。
 年長さくら組の合奏練習を見に行った時に、“みんなで心を一つにすること”が大事だということを教えてもらっていた子ども達は、前日の練習で「みんながいるから大丈夫!みんなで頑張ろー!!」と心を合わせ、本番を迎えました。

 入場すると、たくさんのお客さんがいて嬉しさいっぱいではにかむ子ども達。
 1曲目 歌「ぞうさんのぼうし」では、こねこ・こぶた・こだぬきに扮した子ども達が大きなぞうさんの帽子に入っていきます。その姿が可愛らしく、見ていたお客さんも、にこやかなお顔に。
 2曲目 合奏「山の音楽家」では先生の指揮と、お友達とリズムを合わせて楽器を鳴らします。とっても上手にできました! 
 3曲目 歌「わらいごえっていいな」では、歌詞に合ったポーズをしながら歌う姿がまた可愛らしく、会場を魅了しました。
 
 最後は、お家の方や他のクラスのお友達から「声が揃っててきれいだった!」「動物さんになっていて可愛かった!」「歌う姿勢がかっこよかった!」などとたくさん褒めてもらうことができました!
 また、すみれ組の子ども達も「ドキドキしたけど、楽しかった!」「みんなに見てもらえて嬉しかった!」と達成感と充実感でいっぱいの顔をしながらお話してくれました。
 
 このなかよしコンサートを通して、“みんなで一緒に頑張る!”という気持ちが大きく育ったのではないかなと思います。すみれ組のみんな、よく頑張ったね!!
  • 上手にぞうさんの帽子に入れるかな?

  • みんなで音を合わせて頑張ったね!

  • みんなからたくさん褒めてもらったよ!