10月初旬、さくら組さんから秘密基地に招待され、すみれ組みんなで秘密基地に遊びに行きました。

鬼が来た時に隠れる為の秘密基地だと聞いて、子どもたちは「鬼が来たらどうしよう・・」とドキドキしながら探検をさせてもらいました。

様々な「わな」や立派な壁、頑丈な作りの秘密基地に圧倒された様子でした。
すると、さっそくすみれ組のソフトブロックを使って秘密基地作りが始まりました。
鬼が来た時にやっつける罠を飾ったり、鬼が来た時に怖がらせるためにコウモリを飾ったり、鬼を呼び寄せる為にみかんやぶどうを飾ったり…
自分が考えて作った物を秘密基地に飾り、だんだん出来上がっていく様子に喜びを感じており、それぞれが色々な関わり方を楽しみながら秘密基地作りをしていました。

秘密基地が出来上がってくると、
「さくら組さんとたんぽぽ組さんを呼ぼうよ!」
という意見が出て、さっそくチケットも作っておもてなしの準備が始まりました。

秘密基地を案内して、待ってもらっている間は、どんぐりケーキとジュースを食べたり飲んだりして待ってもらおう!ということで、ケーキとジュースも作りました。

そしてさらに!「帰るときにスイカのペンダントのお土産をあげたい!」ということで、みんなでスイカのペンダントも作りました!

おまけに「ダンスも踊りたい!」と言って、さくら組さんが踊っていたポンポンダンスに感銘を受け、ポンポンの作り方を伝授してもらい、ポンポンを持って「ハロウィンダンス」を披露して締めくくる。という流れに決定しました。

いよいよおもてなし当日!!
なかよし会(縦割り保育)のチームごとにどんぐりケーキとジュースでおもてなしをしながら秘密基地にも順番にご案内しました。

初めてのお店屋さんごっこのやりとりに少し緊張しながらも
「どんぐりケーキどうぞ。」
「いちごジュースです。」
といってやりとりを楽しんでいました。
秘密基地では、罠の説明をしたり、一緒に隠れる場所(段ボールのお家)に入ったりして、とても嬉しそうでした。
最初は緊張している表情だった子どもたちも、次第にほぐれていき、終わった後は
「楽しかったー!」
「ケーキどうぞってしたのが楽しかった!」
「来てくれて嬉しかった!」
とみんなそれぞれがとても満足感に満ちあふれた様子でした。

今、すみれ組の子どもたちにとって、さくら組さんやたんぽぽ組さんがしている事や作っている物などにとても興味を持っています。
同じように年長児の真似をして作ったり、やってみたりしながら
「今度はこんなの作ってみたい!」「あんなことやってみたい!」
と少しずつ自分の考えや視野が広がっていくきっかけにもなります。

今回の秘密基地やポンポンダンスはそんな子どもたちの憧れが詰まった素敵な活動になりました。
さくら組さん、たんぽぽ組さん来てくれてありがとう!!

子どもたちの「今、こんなことしたい!」というその瞬間の思いをくみ取りながら、これからもどんどん子どもたちの思いが実現できるよう、手助けしていきたいと思います。
 
  • さくら組さん大傑作の秘密基地!

  • 迫力がすごいです!!

  • どんぐりケーキ作り

  • 秘密基地作り

  • みんなで完成した秘密基地を探検

  • さくら組さんをご招待

  • たんぽぽ組さんもご招待

  • ポンポン持ってハロウィンダンス