甲南の教育

各教科の目標

国語

国語を適切に表現し、正確に理解する能力を育成し、伝えあう力を高めるとともに、思考力や想像力及び言語感覚を養う。
○読み取ったことを音読に生かす
○繰り返しの練習で漢字の定着を図る
○本紹介などを通して読書の幅を広げる

国語イメージ

算数

数量や図形についての算数的活動を通して、基礎的な知識と技能を身に付け、日常の事象について見通しをもち筋道を立てて考える能力を育てるとともに、活動の楽しさや数理的な処理のよさに気付き、進んで生活に生かそうとする態度を育てる。

算数イメージ

社会

子どもたちの知的好奇心を大切にしながら、社会の事象を体験的に学習する社会科を目指す。社会見学などのさまざまな体験を通して、子どもたちにとって魅力ある社会科授業の実践を目指すと同時に、資料を適切に選択、活用する力の育成を目指す。

社会イメージ

理科

見通しを持って観察・実験を行えるような問題解決能力を育てる。自然に親しみ、自然を愛する心情を育てる。生活場面から問題を見いだしたり、学んだことをもとに生活を見直したり、活用したりする活動を充実していく。

理科イメージ

保健体育

幅広い運動経験を通して、生涯スポーツと楽しく関わることのできる素地を養うと共に、児童一人ひとりが自分のめあてを持ち、課題を克服しようと努力できる力を身につける。また、仲間との関わりから、協力する力・思いやる力・感謝する気持ちなど、豊かな心を育てる。

保健体育イメージ

図工

図工の活動を通して、生まれ持った豊かな心と造形的な感性を磨きながら、自分自身をおもいっきり表現する力、自分や友だちの表現を認める力、クリエイティブな力をつける。

図工イメージ

音楽

表現及び鑑賞の活動を通して、音楽を愛好する心情と音楽に対する感性を育てるとともに、音楽活動の基礎的な能力を培い、豊かな情操を養うことを目標とする。そして、美しい旋律を感受することにより、感動を共有するやわらかな感性を育てる。

音楽イメージ

生活

自然観察や体験学習など具体的な活動を通じて、人と人、人と自然、人と社会の関わりを考え、生活上必要な習慣や技能、そして問題解決能力を身につけさせ、自立への基礎を養う。

生活イメージ

情報

低学年はお絵かきやカード作りなどをおこない、楽しみながらパソコンの基本操作を身に付ける。中学年はローマ字入力で簡単な文書を作成し、自分の思いを表現する力を身に付ける。高学年は情報モラルを意識した情報の収集・活用・表現の能力を身に付ける。以上を目標とする。

情報イメージ

英語・英会話

具体的な日常生活の場面で役に立つ表現を多様な学習活動によって練習・習得する。英語を理解、表現する楽しさを体験することで、積極的にコミュニケーションしようとする姿勢を培う。国際交流や英語朝会などの行事を通じて異文化に対する興味・関心・寛容性を育てる。

英語・英会話イメージ

読書

良い本を広く読んで、深く考え、豊かな心を育成する。また資料を使って、興味・関心のあることを、調べ・まとめ・伝える情報活用能力を養い、生涯にわたって自ら学び続けることが出来る能力を養う。

読書イメージ

家庭科

日常の生活に必要な衣・食・住の基礎的な知識や技能を身につけ、家庭生活への関心を高め、家庭の一員としての生活を工夫しようとする実践的な態度を育てる。さらに身の周りの人との関わりを通して、社会に目を向ける態度を育てる。

道徳

子どもたちが培った知性や体力を正しくつかえる心を持つため、道徳教材を通した指導に加え、学校行事や学校生活の様々な事象を通して心を育てる。